POLICY

人材育成方針

自分をゴマかさずに生きる。
それが当たり前の時代へ。

代表取締役 志賀 秀義

あなたにとって、
一番大切なことはなんですか?

もしあなたが今、
「このままでいいのかな…?」
と将来を不安に思っているなら、
行動に移す時なのかもしれません。

あなただけが形にできる世界観。
その実現のためのサポートがしたい。
そのためにはまず、あなたが、
本当の自分になる必要があります。

私は代表取締役の志賀 秀義です。
私はこの会社を今までなかったような会社にしようと考えています。
現在、道路開発は信州上田市を中心に、
アスファルト舗装工事の専門業者として事業を展開しています。
ただし、このまま単なる工事業者としての枠に囚われているつもりはありません。
そしてそのために、経営者として以下の想いで事業運営をしています。

  • 自然体で生きられる人材の育成と輩出を率先して行うこと。
  • 高い志を持った仲間とのつながりを結ぶ場を共有すること。
  • 仕事を通して、人としてあり方の本質を伝えること。

そんな新たな時代の会社としての道を実現するためには、あなたの力が必要です。

何かを変えたいと悩み、本当の自分を表現したいと願う、あなたからのご連絡、心よりお待ちしています。

人材育成方針

「従業員こそが会社にとって、最も重要な資産であり、顧客である」

現場で作業を行うのも、お客様とやりとりしてサービスを提供するのも、従業員です。
経営者がどれだけ理想を掲げても、それを実現してくれる人がいなければ、絵に描いた餅でしかありません。
イメージを実現するために、現場で汗水を流し、地道な作業を実行し続ける。
そういう従業員の存在なくして、会社は成り立ちません。

道路開発の事業運営の基盤は、「人を育てること」にあります。
そしてそれこそが、本質的な社会貢献になると信じています。

他者の喜びが己の喜びに繋がっている。
自分の仕事に責任と誇りを持っている。
臨機応変に自らの能力を活用できる。

そんな風に仕事に取り組む人を育てる。
そして、独占することなく、積極的に輩出していく。

それが道路開発の目指す会社の姿です。