1. HOME
  2. 事業案内
  3. 技術
  4. 透水性舗装

技術

密粒、透水性、カラー、コンクリート等の違いについて

技術

透水性舗装

路面に雨水がたまりません

透水性舗装(とうすいせいほそう)とは、路面に降った雨水を舗装内の隙間から地中へ浸透させる機能を持った舗装のことです。
透水性を有する材料を使用して舗装します。コンクリートやアスファルトなど、それぞれで透水性を持った材料があります。
※注 高速道路や国道等で採用されている排水性舗装は、表面的な見た目が似ていますが、強度と耐久性を高めるために構造も材料も別物となっています。

施工の特徴

  • 雨水がたまらない
    雨水を地中まで浸透させるため、水たまりを防ぎます。車の通過や歩行の際の、水しぶきや水はねが少なくなります。排水こうばいを確保できない場合や水路などへの排水そのものが出来ない場合に有効です。
    現状お困りでしたら、ぜひご相談ください。
  • 面温度の上昇を防ぎます。
    通常の舗装の場合、舗装面が熱を蓄えて路面温度が上昇してしまいますが、透水性舗装の場合、地層の水分が蒸発して気化熱で地表を冷却する効果があります。
  • 注意事項(デメリット)
    粒が粗いため、ハンドルを切るような場所では、密粒に比べて耐用年数が劣ります。また、土砂などが入りやすい所では、目詰まりを起し、透水性機能が低下します。
    さらに雨水を浸透させるため、冬場の凍み上がりの影響を受けやすく地盤の軟弱化を招く場合がございます。