1. HOME
  2. 会社案内
  3. 社長挨拶

COMPANY

会社案内

社長挨拶

MESSAGE

意志あるところに道は開ける

「会社を清算します。」その時、覚悟を決めました。

このサイトの目的は、少なく見積もっても108個あります。
というのは冗談で、大きく分けて2つだけです。

  1. 舗装工事に関する情報を伝え、共有することで、社会貢献すること。
  2. 物理的な距離を越えて、本質的な情報を求める人とつながり、支援すること。

道路開発は信州上田で40年続くアスファルト舗装屋です。
2016年1月に前社長が廃業を決断した時、従業員だった自分にとって、 転職という道もあったけれど、心の声に導かれ、経営者になる決心をしました。
その後、交渉・協議の末、別法人として引き継ぎ、1ヵ月後に会社を設立しました。

当時、なんの保証もないまま、ある思いに駆られて動き始めたことを覚えています。
舗装の経験で得たものや気付けたこと、それまでの人生経験で学んだことを伝えたい。
それが、悩み、苦しんでいた時期の自分と同じように、何かがうまくいかないと感じている人の力になるはず。

舗装に関心を持ってくれた人、舗装工事に関わる人や従業員に、
仕事を通して、生きることの本質を共有できるような会社を作りたい。
そして、温かく自分を見守り続けてくれた人や地域に、本当の意味で恩返しするのなら、そんな会社を残し、それを次世代に伝えていくことなんじゃないか?
そんな思いだけで突き進んできました。

はじめは地元だけで、それが実現できれば十分だと考えていました。
身近で関わりあえる人に伝えられれば、それだけでも価値がある。
でも徐々に、「それだけでいいんだろうか?」と感じるようになりました。

幸いにも自分の信念に従って、事業を続けてきたことで、個人としても会社としても、様々な気付きを得て、成長をすることができました。
そして、多くの人の助けを借りながら、人材育成や地域・顧客への貢献を実現していくなかで、さらに強く求められていると痛感するようになっていきました。

「地域密着と幅広く社会貢献をすることを両立させることはできないだろうか?」と。

舗装工事は全国どこでも同じ品質、同じ金額で施工することはできません。
その地域特有の気候風土・地質・立地条件が、計画に深く影響します。
組織としての成熟度や、個の能力・意識も効率を大きく左右します。
そこに地場の業者として、長年培った経験と実績を上乗せすることで初めて、安定した品質を維持することができます。

日々、その精度を高め続けることが、直接的な地域貢献になる。
でも、それを実現するためのノウハウ自体を伝えられれば、それこそが幅広い社会貢献になる。
地域に深く根差した業種でありながら、地域を限定しない社会貢献をすること。
伝えるための工夫を惜しまなければ、その両立も実現できる。
今、そんなことを考え、挑戦を繰り返しています。

舗装工事を通して培われた技術・経験・知識を伝えることで、
直接的に関われない人にも、間接的に貢献をすること。
遠く離れた場所にいても、このサイトを通して悩みに寄り添い、
問題解決のための情報を届けることで、役に立ち、支援すること。

それが道路開発の目指す、本質的な価値を共有する法人としてのあり方です。
あの時、心の求める「道」を歩み始めたことが、今につながっています。

このサイトが、本物の情報を求めるあなたにとっての、 「道しるべとなる」ことを願っています。
あなたの状況に合わせて、あなたなりに有効活用してもらえれば、嬉しいです。
このサイトを通して、あなたとつながれたことに感謝しています。
ありがとうございます。

代表取締役 志賀 秀義