1. HOME
  2. 事業案内
  3. 技術
  4. 半たわみ性舗装

技術

密粒、透水性、カラー、コンクリート等の違いについて

技術

半たわみ性舗装

機能性と景観を重視した舗装

半たわみ性舗装は、透水性舗装時に使われる開粒度アスファルト混合物の空隙に、特殊セメントミルクを浸透させた舗装です。
一般の密粒度アスファルト舗装に比べて強度、明色性、耐油性等に優れます。
通常のアスファルト舗装と比べるとコストは高くなります。

施工の特徴

  • わだち掘れを防ぐ
    強度が高く交通荷重によるわだち掘れの発生を抑制できます。
    そのため、バスターミナルなどでも採用されています。
  • 耐油性と難燃性
    油類やアルカリ類に対する抵抗性に優れ、かつ難燃性があります。パーキングなどの耐流動性、工場などの耐油性が要求される場所で使われることが多い。
  • 石畳風の仕上がり
    明色効果があり、顔料の添加で着色することもできます。
    トンネル内などの明色性が要求される箇所、公園、商店街などで使用することも多い。

参照:施工事例